指輪

高級感漂うカルティエの結婚指輪|金属に対して強み

世界に一つだけの思い出

リング

2人での共同作業

2人が人生を共にすると決めた、大切証となる結婚指輪を、手作り工房やお店が最近では多く見受けられます。なぜそういったスタイルが人気なのかというと、リングの太さやデザイン、埋め込む石を選ぶなど、一から自分達の好みに合った結婚指輪を作ることができること、また、お互いがお互いの結婚指輪を心を込めて作るといった経験が大切な思い出となると言う面でも人気を博しています。少し形がいびつでも、それも思い出だと、相手が手作りしてくれた結婚指輪を眺めながら、当時の思い出話に花を咲かせる時間は夫婦にとってかけがえのないものとなるでしょう。そういった時間を結婚前の旅行プランに挟み込むことで、手作り体験をより楽しむカップルが多いようです。

完成図を明確にイメージ

結婚指輪を手作りするときには、既製品を選ぶわけではないので、具体的な完成イメージを描いてから制作にとりかかることが大切です。雑誌やカタログ等から、選ぶ石や宝石の種類をイメージしたり、自分の好みのデザインを先に調べて下準備をすることで、より理想的な結婚指輪の完成に役立てましょう。また直後に挙式を控えているカップルの方は、手作り体験後に職人の手直しが入ることが多いので、完成日時をしっかりと確認しておくことも必要です。しっかりと間に合うタイミングで手元に届くようにスケジュールを組みましょう。刻印も自由に入れられることが多いので、その文字なども事前に決めて2人で揃えておくと作業がよりスムーズに進みます。